どんな方法があるの?ペットの買い方4選!


ペットショップから購入する

1番手っ取り早くメジャーな方法がペットショップから購入することです。良質なペットショップならば、スタッフの対応が丁寧で、細かい質問にも答えてくれます。また、ガラスケースに入れて販売しているところがほとんどなので、購入したい動物の様子を直接観察することができます。清潔な飼育環境で飼育されているか、動物の毛並みがきれいで元気があるかなどをよく見てください。質の良いペットショップはそういったところがきちんと管理されているはずです。またペットショップで購入すると、飼育用品をまとめて手に入れることができます。アフターケアや保証がしっかりしているショップを探しましょう。

ブリーダーを探して購入する

犬や猫ならば、ブリーダーや業者を探して直接購入する方法もあります。どうしても欲しい種類がいる場合や血統書がついている方が良いという場合は、ブリーダーを探してみましょう。ブリーダーから購入するメリットはペットがどのような環境で生まれたかを知ることができることです。しかし中には悪質なブリーダーもいるので注意しましょう。飼育環境は清潔か、繁殖を終えた動物の面倒をみているか、多くの動物を大量に繁殖させていないかなど確認しましょう。

保護されている動物を譲り受ける

動物愛護センターや保健所、里親を探している団体、保護団体から譲り受ける方法です。動物愛護センターや保健所から譲り受ける場合は無料ですが、里親探しをしている団体は譲渡条件が厳しい場合があります。例えば、ペット可の賃貸証明書を見せる、一人暮らしや高齢者は不可、ペット保険の加入の義務化、不妊手術を行うなど様々な条件があり、簡単には譲渡してはもらえません。またこういった団体は、譲渡の際に一定の金額を定めている場合もあります。保護している動物も捨てられた経験がある動物なので、飼育するのがなかなか難しいかもしれません。しかし、こうした団体から動物を引き取るのは、命を救うことにつながっていきます。

知人から譲ってもらう

知人の飼っている動物が子どもを産んでしまった、突然引越ししなくてはいけなくなった、アレルギーを発症してしまったなどの理由から譲り受けることもあります。この場合は無料で動物を譲ってもらうことができます。また引越しやアレルギーなどのやむを得ない理由ならば、飼育用品をそのまま譲り受けることができる場合もあります。譲り受ける場合は、自宅の飼育環境を整えてから譲り受けましょう。また事前に動物の飼育環境が適切か、健康状態はどうなのかを確認しておきましょう。

可愛いワンちゃんを家族に迎えたい時、気軽に利用できるのがペットショップを通じた子犬販売です。ペット通販を利用すれば、有名なブリーダーから元気な子犬を譲り受けることも可能です。