どこから購入すればいい?ペットの飼い方と注意点


ペットショップで購入する

ペットを家族として迎え入れるとなると、様々な場所から購入することができます。多くの人々が最初に思い浮かべる購入先がペットショップでしょう。規模の大きなペットショップでは、ケージなどに入れられてペットが展示されてそのまま購入することができることも多いです。規模が大きくなればなるほど、取り扱っている種類も多く、選択肢が多くなります。珍しいペットの場合は、専門店でなければいない可能性もありますが、まずはペットショップを探してみることが、相場を知ることもできてよいでしょう。また、ペットショップならば、ペットを購入するだけではなく、その飼育に必要なものも合わせて購入することができます。スタッフに尋ねれば、そのペットを飼育するうえでの方法や注意点などを教えてくれることもあり、初めてペットを飼うという場合には安心できます。ペットショップでは提携する動物病院やペットホテルなどもあります。急病や旅行などの対応がしやすく便利でしょう。ペットショップで購入することは第一の候補ですが、どのようなペットショップであってもよいというわけではありません。ペットショップの中には、知識も半端で、ペットの扱いが適当なペットショップというものも中には存在しています。そのようなペットショップにつかまらないように、見極めることが重要です。

ブリーダーから購入する

ペットショップを経由するのではなく、ペットの数を増やすためのブリーダーから直接購入するという方法もあります。ブリーダーを探すことはなかなか難しいですが、犬の中でも特定の犬種を飼いたいといった、希望があらかじめ細かく決まっているのならば、ブリーダーも見つけやすく、直接交渉するほうが早く購入できることも多いです。周囲のペットを飼っている人などで、ブリーダーの知り合いがいないかを尋ねてみると、ブリーダー同士のつながりで紹介してもらえる可能性もあります。

保護施設から譲り受ける

購入するわけではありませんが、何らかの理由によって保護施設で引き取られているペットを譲り受けて飼うという方法もあります。それらのペットを引き取ることは、代金を払って購入するということにはなりませんが、飼い主としての適性を審査されることもあり手続きが煩雑なことがあります。また、子どものころから引き取ることが難しいこと、人に対して気難しい態度をとるペットも多いです。ただし、ある程度保護団体で人に慣れさせているほか、大人のペットは人との付き合いにも慣れていることがあり、しつけが簡単なこともあります。

子犬販売なら東京に、ブリーダーが繁殖や育成、販売まで一貫して行う専門店があります。血統書付きで健康な子犬を低価格で販売しています。