どうやって買うのがいいの?ペットの購入方法を知ろう


量販店タイプのペットショップは安く買いやすい

比較的安い価格で販売されているのが、量販店タイプのペットショップです。子犬や子猫は仕入れたばかりの場合が多いので、設定価格は高くなります。しかし、ある程度成長しているペットはどんどん価格が下がっていきます。大きくなったペットは、なるべく早く売ってしまいたいという店側の心理があるため、激安セールや売れ残りセールとして販売されるパターンが多いでしょう。大きくなったペットは健康面が安定しているケースが多く、人に慣れているタイプも多いと言えます。

量販店タイプのペットショップの中には激安を売り文句に使い、どんなペットでも激安で売っているパターンも稀にあります。このパターンで注意したいのはペットの健康状態や性格です。あまりにも安すぎるペットは病気を持っているケースや性格に難があるケースも考えられます。そのようなペットを購入すると世話が大変になる場合や、病気の治療費が多くなる場合があるので注意しましょう。このようなミスを避けるためには、購入前にペットの健康状態や性格に関する情報をチェックしておくのが重要になります。

高級店タイプのペットショップは優秀なペットが多い

高級店タイプのペットショップは販売価格が高いというデメリットがありますが、その分ペットの質が高いというメリットがあります。例えば血統書付きのペットを中心に販売している店舗が多いです。優秀な能力を持っているペットが多いので、大会に出しても高い能力を発揮してくれます。ペットを競わせる大会に参加してみたい人は、こういったペットショップで買ってみるのも良いでしょう。高級店タイプのペットショップは販売価格が高い分、健康状態の管理を徹底しています。そのため病気を患っているようなペットは販売されていません。教育も徹底されているため、行儀の良いペットが多いでしょう。健康状態の良いペットを購入したい人は高級店タイプのペットショップがおすすめです。

ブリーダーからの購入は安い

ペットショップよりも安い価格で購入したいのであれば、ブリーダーからの購入がおすすめです。ブリーダーからの購入は直接販売になるため、ペットショップよりも安い価格で販売されやすいというメリットがあります。これはスーパーで魚を購入するよりも卸売市場で直接魚を購入する方が安く買えるケースがあるのと同じです。またブリーダーは特殊な種類のペットを売っていることも多いでしょう。そのため変わった種類のペットを購入したい人はブリーダーからの購入を狙ってみるのが良いと言えます。しかし、ブリーダーからの購入はアフターサービスを受けられない可能性があるので注意が必要になります。

神奈川県では全国規模の優良ブリーダーから子犬たちを集めた直営店が数多く存在し、近年では殺処分がゼロになりました。人にも子犬にも優しい取り組み実績があるので子犬販売なら神奈川県がとてもおすすめです。