入手ルートは意外とたくさんある?ペットの買い方


ペットショップでの購入

ペットを購入する王道の方法といえばペットショップです。お店によって取り扱う種類の違いはありますが、複数の中から選ぶことができるため、何を飼うかまだ決めていなくても店頭で触れ合いながら考えることができます。また飼育の際に必要となるケージやエサ、アクセサリーなどもまとめて購入する事ができるため、あちこち店を渡り歩く必要がないので手間もかかりません。しかし他の購入方法と比べると比較的割高ではあり、ややコストの掛かる方法と言えます。

ペット専門の通販サイトで購入

ペットショップが住んでいるエリアになかったり、遠くて出かけるのが大変な時はペット通販サイトを利用する方法もあります。店舗型のペットショップと比べて取り扱っている動物の種類が非常に多様なのが特徴で、さまざまなペットの中から自分の好みに合う動物をじっくりと選ぶことができます。しかしその反面実際に飼うことになる動物と触れ合うチャンスがなく、購入後ぶっつけ本番で顔合わせすることになるため、購入したペットの性格と相性が悪い場合などは打ち解けるのに苦労する可能性もあります。

ペットのブリーダーから直接購入

ペットショップは専門のブリーダーなどからペットを仕入れて店頭販売している事が多いのですが、このブリーダーの中には直接ペットの販売を行っている人たちも居ます。ペットショップで購入するよりも比較的安価に手に入れることができるため、明確に欲しい動物が決まっていて、販売しているブリーダーが近くにいる場合などは、直接購入は良い選択肢となるでしょう。また購入の際にはブリーダーから飼い方のコツなどを聞ける可能性があり、プロのしつけ方などがわかればペットとの生活でトラブルが起きにくくなるでしょう。

保護施設などの里親募集をしているペットを引き取る

保健収容所や保護施設などがペットの里親を募集している事があるため、そのペットを引き取るというのもペットの入手手段として良い方法と言えます。基本的に無料であること、処分されるはずの命を救える社会的意義などもあるため推奨される方法の一つでもありますが、相性が悪いと共同生活は難しいためやはり一度実際に会ってから決める事が大切になります。また元野良のペットは多いものの、きちんとワクチンなどを接種させている施設が多いので病気などの心配はあまりないといえるでしょう。

子犬や子猫が生まれた友人などから譲り受ける

友人や知人がペットを飼っており、子供が生まれすぎて引き取り手を探している場合などは里親に立候補してみるのもよいでしょう。こちらも基本的には無料で譲ってもらえるケースが多く、浮いた費用分ペットのための設備や食費を充実させてあげられるのが利点の一つです。また飼い方やペットのトラブルに対して友人に質問できるのも、友人からペットを引き取る方法の利点です。

猫を小さな時期から育てることができ、人気の猫種から気に入った家族を選ぶことができるということは、子猫販売が持つ魅力です。