ハムスターを購入するときに買い揃えた方がいいもの、家にあるもので十分なもの


ケージはガラスの水槽よりも専用ケージの方がいい

ハムスターを購入する場合、なにを買い揃えればいいのでしょうか。節約志向の人であれば、既に家にあるものが流用できるならそうしたいという人が多いでしょう。まず、ハムスターの家となるケージですが、できれば専用のものを買った方がいいのは間違いありません。ペットショップだとガラス張りのケースに入れられていることが多く、金魚の水槽で代用できるのではと考える人もいるかもしれませんが、水槽だとどうしても不潔になりやすいのです。また、金属製のハムスター専用ケージの場合、ハムスターが伸びた歯を自分で削ることができますが、ガラスケースだとそれはできず、歯が伸びっぱなしになってしまうこともあり得ます。

ケージに敷くものは読み終わった新聞紙でも問題ない

ケージの中に敷くものについては、必ずしもペットショップで売られているウッドチップなどを購入する必要はありません。読み終わった新聞紙をびりびりに破いて、それを敷き詰めておいても大丈夫です。トイレに敷く砂については、庭の土を掘ってきて入れるよりも専用のものを買ってきた方が無難です。というのは、ハムスターは砂浴びの習性があり、トイレの砂でごろごろと転がることがあるからです。土だと砂のようにさらさらしていないため、うまく砂浴びをすることができませんし、ごろごろするようだとハムスターの毛が汚れてしまいます。トイレ専用の土は尿でぬれた部分だけ固まり、捨てやすいのもメリットです。

人間の食べ物をハムスターに与えるのは厳禁

餌はハムスターの専用フードを買って与えるのが一番です。人間の食事を与えるのはやめましょう。家の庭などでひまわりを育てている場合、ひまわりの種をハムスターに与えることは可能です。ただ、勘違いしている人も多いかもしれませんが、ひまわりの種はハムスターの主食ではありません。おやつです。したがって、ひまわりの種が大量に取れたからといって、それだけを与え続けるのは厳禁です。あくまでも、たまに与えるだけにしましょう。ひまわりの種ばかり食べさせていると太ってしまい、健康によくありません。

ケージを買うのがもったいないから放し飼いは可能?

専用ケージを買うのはもったいないので、家の中で放し飼いにしたいという人もいるかもしれません。ハムスターはもともと砂漠に住む動物であり、広いところで飼ってもストレスにはなりません。むしろ喜ぶでしょう。ただ、実際に放し飼いをするとなると、六畳一間のアパートなら可能かもしれませんが、普通の家で放し飼いにするのは無理です。というのは、ハムスターはタンスの裏など、狭くて暗いところを好む習性があり、そういったところに入り込んだまま、行方不明になる可能性が高いからです。犬や猫のように、飼い主に呼ばれたから出てくるといったことはありません。

年中無休(ゴールデンウィークやお盆などの大型連休にも対応している)で販売しているお店が多いです。また、営業時間も20時以降があり、お忙しい方にもおすすめです。子猫販売なら東京都が便利です