子供と大人どっちが欲しい?成長度合い毎のペット入手方法


子犬や子猫ならやっぱりペットショップ

なるべく小さい頃から自分の手で育てたい場合は、ペットショップでの購入が一番良いと言えるでしょう。ペットショップでは店舗で売れるまで保持する事も考えて非常に幼い状態から取り扱いを始めるため、生まれて間もない子犬や子猫を購入することができます。ペットのしつけや育て方に慣れていたり自信があるならおすすめの方法と言えるでしょう。またペットを買う際に必要となるケージや餌入れ、ペットフードなど様々なアイテムも同時に購入できるためあちこち探し回る手間がかからないのもポイントです。育てたい動物が決まっていない場合でもひとまず店舗をぐるっと見て回り、ピンとくる相手を探すこともできるため意外な動物との出会いもあるかもしれません。

少し育ったくらいならブリーダーがおすすめ

少し育ったまだ若いペットから飼いだしてみたい場合におすすめなのが、ブリーダーから直接購入する方法です。ペットショップなどを介していないため費用が安く済む事があるのもポイントでしょう。またペット飼育のプロであるブリーダーがしっかり躾をしているためお行儀の良い子を迎えることができるのも特徴で、ブリーダーから飼育の際のポイントなどを聞くことができる場合もあります。まだペットの飼育に慣れていなかったり、どういう風に飼えば良いのか知りたいという人には他にないメリットのある購入方法と言えるでしょう。しかしブリーダーはあくまでもペットの販売だけであり、必要な道具の販売などは行っていないのでそちらは自分で探して別途購入してくる必要があります。

大人でもオッケーなら保健収容所もあり

大きくなったペットでも構わないという人は、保健収容所からペットを引き取るという選択肢が有ることも覚えておくべきでしょう。保健収容所の動物は基本的に引き取る時にワクチンの接種も行われるため衛生面の問題はないケースが多いでしょう。また大人なのである程度落ち着きのある子も多く、幼いペットと比べるとやや手間のかからない傾向があります。何より本来は数万円から数百万円かかると言われる生体の購入費用がゼロになるので、その分ペットのためのアイテム購入に費用を割きやすく、ペットにとっては充実した環境を揃えてあげやすくなります。また保健収容所からペットを引き取るというのは、一つの命を救う事にも繋がっているのも大切なことと言えるでしょう。

ペットが子供を産んだ友人から引き取る

もし友人がペットを飼っていて、そのペットが子供を産んだから里親を探しているという場合それを譲ってもらうのも良いでしょう。ペットの相談などでその友人と今まで以上に仲良くなれる可能性があり、ペットと一緒に暮らす事の楽しみがより一層増えるのでチャンスがあればおすすめの方法と言えます。

子犬販売なら神奈川県で利用可能です。優良ブリーダーが多く在籍しており、母親との面会が出来る施設もあります。