長持ちさせるために機械式時計のメンテナンスは重要!


どれくらいの頻度でメンテナンスを行うのが良いか

高級な機械式時計にはメンテナンスが必要です。メンテナンスを行わないと時計の内部にある部品同士が接触してしまい、日本を破損させてしまう可能性が考えられます。そのような事態を回避するために定期的なメンテナンスが必要になります。しかし、「どれくらいの頻度でメンテナンスを行うのが適切であるか」という部分に疑問を持っている人もいるでしょう。メンテナンスは3年から5年に1回は行った方が良いと言えます。時計内部の部品に使用されている潤滑油が、3年から5年で劣化してしまうことがあるからです。

メンテナンスを行い、潤滑油を新しいものに変えてもらうことで時計内部にある部品の破損が防げるようになります。潤滑油が新しくなれば、機械式時計の精度も良くなるでしょう。

高級な機械式時計はメンテナンス費用も高い

メンテナンスを行う頻度については分かっても、次に気になるのが費用の問題でしょう。メンテナンスにかかる費用はメーカーによって異なります。安い腕時計をメインに販売しているメーカーであれば、5000円程度でメンテナンスを行ってもらえます。高級な機械式時計になると、費用は上がります。5万円程度でメンテナンスを行ってくれるメーカーもあれば、1回のメンテナンスに15万円が必要になるメーカーもあります。自分の持っている機械式時計のメーカーは、どれくらいの費用でメンテナンスを行ってくれるのかを調べると良いでしょう。

またメーカーではなく時計屋にメンテナンスを依頼するのも良い方法です。時計屋であれば、メーカーよりも安い価格でメンテナンスを行ってくれるケースが多いと言えます。

グランドセイコーは、世界基準を意識した日本初の国産時計として知られます。エレガントなデザインと優れた装着感が根強い人気を誇ります。