人気の電子タバコとは?電子タバコのメリット


電子タバコのシステム

電子タバコとはその名の通り『電気を使って吸うタバコ』のことです。使用するのは、バッテリーが入っている「本体」と、「アトマイザー」部分で構成されている電子機器です。アドマイザーに「リキッド」と呼ばれる専用の液体を入れ、本体のスイッチを入れると、アトマイザー内の電導線が加熱され、それに伴いリキッドが加熱されます。そして、熱が加わり蒸気になったリキッドを吸引する、という仕組みになっています。

ちなみにリキッドの成分は、マーガリン等に含まれる「植物性グリセリン」や市販食品に使用される食品添加物「プロピレングリコール」、ニコチン入りリキッドであれば「ニコチン」、そして「香料・精製水」から構成され、その安全性は高いとされています。

電子タバコのメリット

電子タバコについてはまだ研究段階にありますが、現段階で言われているだけでも多くのメリットがあります。

最大のメリットは『有害物質が含まれていない』ことです。タバコの煙には、約4,000種類の化学物質が含まれ、うち200種類以上が有害化学物質です。例えば、タール・アセトン・ヒ素など、およそ口にする物とは思えないものばかり。対して電子タバコ用リキッドの成分のほとんどは、食品添加物と香料、精製水です。普段我々が食べている食べ物に近い成分で構成されているのです。

『お金の節約になる』ことも、愛煙家の方にとっては重要ですよね。紙巻きタバコから乗り換えれば、タバコ代が半分以下に節約できる可能性もあります。

その他のメリットしては、『味の選択肢が多い』『臭わない』などが挙げられます。

いかがでしたでしょうか。香りやユニークさだけを楽しみたいといった方にも、電子タバコはおすすめですよ。

最近では一般的なタバコではなく電子タバコが流行っていますが、その中でもリキッドを使用してニコチンを含まないフレーバー付き蒸気を楽しめるのがvapeです

ベイプを探す