自分に合うフレーム選びでメガネをおしゃれの一部にしよう!


失敗しないフレーム選びとは?

メガネ店の売り場にはさまざまなデザインのフレームが並んでいて、見ているだけでも楽しいですね。しかし、いざ自分に合うものを探すとなると結構迷ってしまうものです。自分の顔のサイズや輪郭に合ったフレームを選ぶには、どのような点に注意したらよいでしょうか。メガネフレーム選びのコツについてまとめました。

メガネフレームの縦幅を決める基準をチェック!

まずは自分自身の顔に着目しましょう。一般的なメガネフレームの縦の幅は、眉下のラインからあごまでの長さを3分割した長さが基準とされています。それより縦幅が狭いと、どうしても視野が狭まる感じになります。特に遠近両用を希望する場合には、ある程度の縦幅が必要とされるので注意しましょう。

顔の輪郭で似あうフレームは異なる!

丸くポッチャリした顔の方は、丸いフレームを選ぶとポッチャリ感が増してしまいます。スクエアな形でしたら顔全体が引き締まるのでおすすめです。さらに暗めの色を選ぶとより引き締め感がアップし、キリッとした目元を演出できますね。ふんわりした優しい雰囲気を希望するなら、オーバル型が良いでしょう。顔全体に女性らしさが漂います。

ほっそりと面長の輪郭にはウェリントンやボストンといった縦幅のあるタイプが似合います。顔の長さを強調することなく、自然でカジュアルな印象になるでしょう。あごの細い三角形の顔立ちでしたらオーバルやハーフリムなどできれいなフェイスラインを引き立ててみましょう。四角い顔立ちは曲線的なフレームで優しい印象にすると良いでしょう。オーバルやウェリントン、ボストンなどのタイプがおすすめです。きゃしゃすぎる顔立ちの方でしたら、キッズ向けのフレームを試してみるのも良いかもしれません。意外に似合うものがみつかる可能性がありますよ。

メガネは顔の輪郭によって似あうものが変わってきます。丸顔の方ならスクエアタイプ、面長の方にはウェリントンタイプがおすすめです。

眼鏡の更新情報
めがねを調査