緑の恵みを街中で実感できる!壁面緑化の効果を学ぼう!


建物の室温を安定させるのに最適

建物の壁に植物を這わせて葉や蔓で覆う壁面緑化は外観にアクセントを持たせる他、急激な室温の上昇を防ぐ効果があります。建物の室温が変化するのは日光に当たるのが原因ですが、日差しが強い夏季には短時間で室温が急激に上がってしまい、熱中症などのトラブルに見舞われるおそれがあります。壁に植物を這わせることで日光を遮る形になり、その結果として室温の上昇を防ぐことができるのです。また、植物に覆われることで保温性が生まれ、室温が安定する効果も得られます。夏季は一日の温度差が激しい季節ですが、壁面緑化を施すことによって時間による室温の変化を緩やかなものにすることができるのです。エアコンのように電力を消費せず、屋外に排熱を行うことで周囲の環境が悪くなる心配がありません。

壁面緑化は地域のヒートアイランド現象予防にも効果的

壁面緑化の利点はひとつの建物の遮熱性を向上させること以外に、地域の環境の悪化予防も含まれます。都市部特有の環境問題であるヒートアイランド現象は鉄やコンクリートなどに日光が反射されることや、エアコンの使用による排熱が主な原因です。地域全体の気温が急激に上昇するのが大きな特徴ですが、壁面緑化を施した建物が多い地域は気温が極端に高くなりません。これは建物の壁に這わせた植物が日差しを吸収することによって熱が拡散しにくくなるためです。また、壁面緑化による遮熱性の向上によってエアコンの使用回数が減り、それに伴って排熱の量が減少するのもヒートアイランド現象の予防に繋がっています。緑化は建物のみならず、近隣地域の環境改善にも役立つのです。

壁面緑化には育ちが早い植物が良いとされています。芋やゴーヤなどつるが生える植物は育つのが早いため向いているとされています。