家にある道具を使って腕時計をきれいにしよう


初めての人でも専門の道具を使わずにきれいにできる

機械式腕時計を購入した場合、定期的に手入れをすることで長持ちさせることができます。とはいえ初めの頃は、専門の道具をそろえる必要はありません。身近にあるアイテムを代用して使い続け、なれてきたら専門的な手入れ道具を購入するとよりキレイにできるでしょう。
初期段階で必要となる掃除用アイテムとしては、綿棒やめがね拭き、爪楊枝や歯ブラシとなっています。実は皮脂や埃や金属部分に残っていると次第にさびの原因となるため、さびないように定期的に磨いておくことが必要です。
まず大切なのは、時計の風防部分を使ったらすぐにめがね拭きで拭いておくことです。風防周辺に皮脂がたまり、サビの原因となりかねないからです。また、風防自体が汚れていると、時間の確認をしづらくなるため、使ったら必ず汚れを落としましょう。

部分や素材ごとにきれいにする方法は異なる

ベルトに関しては素材ごとにきれいにしましょう。ナイロンの場合は時計から取り外し、食器を洗う中性洗剤で手洗いするときれいになります。ゴム製と革製のベルトは使ったらすぐにめがね拭きで拭いて、汚れや汗を取り除きましょう。
金属ベルトに関しては、使ったらめがね拭きで拭いておくだけでなく、定期的に歯ブラシで隙間の皮脂や埃を取り除いてください。
時計のリューズ部分は歯ブラシでブラッシングすることできれいになりますし、裏側のケースと裏面の間の隙間は爪楊枝でこすると皮脂や埃がよく取れます。
風防とケース部分の継ぎ目部分もできたら爪楊枝や歯ブラシを使ったほうがいいですが、風防の素材がサファイアグラスと呼ばれる物以外は柔らかい布でこするだけにしてください。サファイアグラス以外はブラシで簡単に傷がつくからです。

パテックフィリップとは、スイスの高級時計メーカーのことです。時計業界の最高峰ブランドともいわれています。

パテックのノーチラスを見つける