機械式時計ビギナーは知っておくべき!時計の手入れにお金がかかる!?


機械式時計は維持費も高額

車に車検があるように機械式時計も定期的にプロによるメンテナンスが必要です。機械式時計のムーブメントは繊細な部品で構成されていて、日々使用を続ける内に劣化や摩耗などが起きるのは避けられません。世界中の人が知るような高級メーカーからリリースされている機械式時計だからと言って、メンテナンスをせずに精度を維持し長持ちさせるのは不可能です。どんな高値の時計も、3年から5年ごとにオーバーホールを行う必要がありますので、時計本体の値段だけでなく維持費も意識して機械式時計を購入すると良いでしょう。

オーバーホールは時計店かメーカーに依頼しますが、メーカーで行う場合は最低でも50,000円程度必要になります。故障した部分や劣化した部品があれば修理や部品交換代が加算されるので、シンプルな時計でも維持費は安くはないと言えるでしょう。加えて、複雑機構であればあるほど料金が高額になる傾向があります。オーバーホールの料金を節約したいなら、故障を避けるため日頃から丁寧に使い自分でこまめに手入れをするのが大切です。

使わない時計はケースに入れて丁寧な保管を

機械式時計は使用したら汚れを拭いて専用ケースなどに収納してください。時計が磁気や日光などの影響を受けない涼しく乾燥した場所に保管しましょう。また、衝撃に弱いため落下の危険性がある場所は避けてください。近年では持ち歩きに便利な専用ケースもあり、時計を衝撃から守るクッションや傷つきを防ぐ素材でできたものも多いです。スマートフォンやパソコンは磁気帯びを起こす原因になるため、使用する際は時計をケースに入れておくと良いでしょう。

スポーツ選手、文化人。一流の人の腕にこそふさわしい高級腕時計。人生の節目や記念に一生モノを手に入れたいなら、ウブロなら間違いありません

ウブロの時計はココ